木曜日, 4月 25, 2024
Hem » 寒いと指が白くなるのは、レイノー現象かもしれない

寒いと指が白くなるのは、レイノー現象かもしれない

by bengans

冷えると指に白い斑点が出たりしませんか? そうすると、レイノー現象に悩まされている可能性があります。 この症状は危険ではありませんが、特に体の患部が再び熱を持ち、赤く腫れたりすると不快感や痛みを感じることがあります。

レイノー現象に関するQ&A

症状レイノー現象の症状は、寒くなると手指、時には足指、鼻先、舌先などに白くしびれたような斑点ができることです。
どれくらいの頻度ですか?確かなことは誰も知らないが、スウェーデンでは女性の約20%、男性の約2%が罹患していると推定される。
原因遺伝が原因のひとつですが、凍傷やある種の病気、ある種の薬物などが原因で発症することもあります。
治療法レイノー現象には治療法がありませんが、予防や症状を和らげるためにできることはたくさんあります。

1177のレイノー現象に関する情報不足について

多くのスウェーデン人は、病気や症状について疑問を感じたら、1177のウェブサイトを見ることに慣れています。 しかし、そこでレイノー現象に関する情報を探す人は、行間を見なければならない。 実は、1177.seでは現在、この症状に関する記事を掲載していません。 リウマチ性疾患であるSLEの記事で、ほんの少し触れられている程度です。 とはいえ、レイノー現象はスウェーデンの全女性の約5分の1、全男性の約2%が罹患している疾患です。 あなたはその一人ですか? 詳しくはこちらをご覧ください。

レイノー現象とは何ですか?

レイノー現象は、寒さにさらされると指が白くなり、しびれるのが特徴です。 極端に寒くなくても、春や秋の肌寒い日に手袋をせずにしばらく外に出てみるなど、簡単なことでいいのです。 足もそうですし、まれに鼻の先や舌の先も侵されることがあります。

寒さ以外にも、症状を誘発する要因もあります。

  • ストレス
  • コーヒー(カフェインが原因)
  • 喫煙(ニコチン)
  • 乾燥機

レイノー現象はなぜ起こるのですか?

白い斑点は、患部の血管が収縮して血液が自由に流れなくなることで発生します。 この症状には2つのバリエーションがあり、根本的な原因は両者で異なっています。 一次変異型は最も一般的なもので、通常15歳から30歳の間に発見されます。 遺伝性のもので、通常はかなり軽い症状で済みます。 より重い症状を引き起こす二次変異型は、通常40代以降に出現します。 通常は、リウマチや甲状腺機能低下症(甲状腺ホルモンの不足)など、他の基礎疾患が原因で起こります。

ベータ遮断薬やADHDの薬がレイノー現象を引き起こすことがある

錠剤のβ遮断薬や一般的なADHDの薬など、一部の薬もレイノー現象を引き起こす可能性があります。 さらに、振動や衝撃を与える工具を使った作業や、凍傷になったことのある人は危険です。

被災した場合、自分で何ができるのか?

現在、レイノー現象を治す薬はありません。 しかし、症状を和らげるために自分でできることはたくさんあります。 しかし、最近になって発症した場合、特に40歳以上の方は、まず医療機関を受診して基礎疾患を除外し、服用可能な薬剤の見直しに協力してもらう必要があります。

基礎疾患はなく、薬も考慮されていないのでしょうか? この場合、症状の引き金になるようなものになるべく触れないようにするのが一番です。 寒さを防ぎ、ストレスをためないようにし、コーヒーやタバコを控えるなどすれば、うまくいくでしょう。

症状を緩和するための具体的な方法をご紹介します。

  • 外出時は暖かい服装を心がけましょう。 暖かいミトン、靴下(できればウール)、靴を用意する。
  • ポケットやハンドバッグに忍ばせておく加熱パッドを入手すれば、常に手元に置いて、必要に応じて予備の暖房として使用することができます。
  • 外出から帰ってきたら、大きめのお茶(ノンカフェイン)を入れて、両手でカップを持ち、ゆっくりと熱い飲み物を飲む。
  • コーヒーを飲む量を減らす。
  • 禁煙する。
  • マインドフルネスを実践して、ストレスレベルを下げる。
  • 体を動かすと血行が良くなるので、定期的に運動をするようにしましょう。